Top / 生化学・栄養学の教科書
生化学・栄養学の教科書

解説

生化学・栄養学では体内での代謝経路を学ぶ。化学の要素が強く、高校化学が苦手な人にとっては難しい科目となる。代謝経路は何段階にもわたって物質が変化していく過程であり、さらに複数の経路が複雑にかかわるため、図表が豊富な教科書が望ましい。その意味で、リッピンコット生化学は代謝経路の図が秀逸であるため利用価値は高い。ただ、この本は医学生向けであり、看護学生が手にするとオーバーワークになりやすい。図書館で眺めておく程度にするのが良い。

看護師国家試験を見据えるならば、生化学はあまり必要ない。シンプル生化学でもオーバーワーク気味である。ただし、栄養の基礎を理解し、患者さんへの栄養指導をする際には必要不可欠な知識となってくるため、大切な科目である。

解剖生理学の教科書一覧

分類教科書詳しさAmazon
総合解説リッピンコット生化学医学生向け
シンプル生化学☆☆☆☆
わかりやすい生化学☆☆
好きになるシリーズ☆☆
休み時間シリーズ☆☆
超入門 生化学・栄養学
問題集パワーアップ問題演習☆☆☆☆☆
練成ゼミ☆☆☆

コメント