Top / 在宅看護論の教科書
在宅看護論の教科書

在宅看護論で学ぶこと

在宅看護とは、地域で生活している疾病や障害を持つ人やその家族、また時には健康な人々を対象に、看護師・保健師・助産師など看護の有資格者がそれぞれ専門の看護を提供すること。

在宅看護の特徴は、対象となる人々の生活の場で展開するという点にある。看護においては、人々がそれぞれにもつ生き方、生活・健康に対する価値観や主体性を尊重する。自立支援や自己決定という視点をもち、健康を維持・増進することが目的となる。

在宅看護論の教科書

教科書出版社Amazon
系統看護学講座医学書院
在宅看護論医歯薬出版
場面で学ぶ在宅看護論メディカ出版
在宅看護論-地域医療を支えるケアナーシング・グラフィカ
看護学実践 -Science of Nursing- 在宅看護論日本放射線技師会出版会

コメント