Top / 小児看護学の教科書
小児看護学の教科書

小児看護学で学ぶこと

小児看護学では、子どもは「環境との相互作用の中で生活し成長・発達し続ける存在」「限りない可能性を持つ存在」「一個の人格を持ち、尊重されるべき存在」としてとらえ、その看護を学ぶ。看護の目標としては、子どもの健康が増進し、健やかな成長・発達が保障されることや、苦痛が緩和し安楽に過ごせること、時には穏やかな死を迎えることを掲げている。

小児看護学の教科書

教科書ページ数出版社価格Amazon
系統看護学講座301医学書院2,940円
小児看護学 (-Science of Nursing-)-ピラールプレス3,150円
小児看護学 (実践看護技術学習支援テキスト)322日本看護協会出版会4,200円
事例で学ぶ小児看護学178メヂカルフレンド社2,310円
小児看護技術ナーシング・グラフィカ250メヂカ出版3,360円

コメント